あいおい保険サービス代理店 > あいおい保険サービス代理店からのお知らせ > 「脳脊髄液減少症(髄液漏れ」大阪高裁で事故との因果関係認定される
あいおい保険サービス代理店からのお知らせ

「脳脊髄液減少症(髄液漏れ」大阪高裁で事故との因果関係認定される

平成23年7月22日大阪高裁で交通事故と「脳脊髄液減少症(髄液漏れ」の発症と因果関係を認めた判決が今年3月名古屋高裁に次いで出されました。過去から当社においては、お客様の事故の際には、特に追突をされた場合にはこの点を説明しケガが長引く場合この「脳脊髄液減少症」を疑い治療や補償に関してをアドバイスをさせて頂き、補償を獲得することができましたが、当時の保険会社は全く支払うことはありませんでしたが、この判決により「被害者」には心強いものとなると思われます。


お客さまへ、よりよいサービスのご提供をさせていただくために。
率直なご意見をお聞かせください。

次へ

素朴な疑問・質問にお答えいたします。

次へ

このページのトップへ